設備の状態監視ネットワークマルチロガーAMS500

全世界の無人搬送技術の一翼を担う

HOME > 設備の状態監視ネットワークマルチロガーAMS500

設備の状態監視ネットワークAMS500マルチロガー

刃具の欠損・摩耗を検出!最適な切削条件を設定!モータの電力監視により設備の劣化を検出!

マルチロガーAMS500は、工作機械(マシニング・旋盤など)のモータの電力をモニターし診断することにより、刃物の摩耗・欠けを発見し、刃物の交換時期を通知します。

また、振動センサ等を用いることで、送りや回転数等の最適な加工条件を求めることができます。その他にも、温度・荷重・応力等のデータ収集を行い各種機器の状態監視も可能です。

使用目的 合理化・効率化
刃物の摩耗が見える 定数交換から寿命交換が可能となり、刃物消耗数及び交換工数の低減が図れる
刃物欠けが見える 品質不具合流出防止が可能となり、不具合発生率とクレーム費低減が図れる
最適な加工条件が見える 刃物寿命の最大化が可能で、刃物消耗数の低減が図れる
設備の異常が見える 重大トラブルの事前防止が可能となり、設備寿命の延長が図れる

ドリルの切削電力を常時監視

ドリルの摩耗・折損を検出設備・クーラント等の異常検出

常にドリルの切削電力を監視しているので、ドリルの摩耗や折損、設備やクーラン等の異常を迅速に検出することができるため、重大なトラブルを事前に防ぐことができます。

ドリルの微欠損検知

微欠損による切り粉の巻付きを検知

ドリルの微細な欠損も検知し、切り粉の巻付きまで検知するため、早期にドリル交換などの対策ができ、不具合発生率の軽減を図ることができます。

最適切削条件の設定

加工中の電力・振動を測定し最適切削条件を設定

加工中の電力・振動を測定し、最適切削条件を設定できるので、刃物寿命の最大化が可能になり刃物消耗数の低減を図ることができます。

切削条件表 最適切削条件

履歴チェックによる原因分析

不具合発生時に履歴をチェックし、クーラント濃度異常が判明。

過去の履歴をサーバに保存できるので、不具合発生時に履歴をチェックすることで、原因を分析し解明することができます。

刃先形状の適正化

適正な刃先形状を検討しメーカーに指示

様々な測定データから最適な刃先形状を検討しメーカーに指示できるので、刃物寿命の最大化が可能で、刃物消耗数の低減を図ることができます。

熱処理炉の状態監視

加熱・消温・冷却ブースの温度データ

加熱・消温・冷却ブースの温度データなど、設備の異常を監視することで、重大トラブルの事前防止が可能となり、設備寿命の延長を図ることができます。

熱処理炉の異常を監視

設備の状態監視ネットワーク

設備の状態を監視することで重大トラブルを事前に防止!
過去のデータも閲覧できるので、トラブルの
原因を分析・解明することも可能です!

携帯電話で異常メッセージを受信!だから、リアルタイムで異常をキャッチできます!

設備の状態監視のネットワークを構築し、取得データをサーバに保存

用途に合わせて選べる2タイプ

AMS500 常設タイプ

(180mm×150mm×70mm)

AMS500 ハンディタイプ

(200mm×250mm×90mm)

AMS500スペック表

  スタンダード 4チャンネル
タイプ 常設 ハンディ 常設 ハンディ
型式 AMS500-STD AMS500HANDY-STD AMS500-4CH AMS500HANDY-4CH
電源 DC24V AC100V DC24V AC100V
入力 電力 1チャンネル
アナログ 2チャンネル 4チャンネル
機能 判定波形設定数 32波形
トレンド種類 変化量、最大値、レンジ、シグマ
  本体記憶容量 32波形、64000トレンド(SDカードへは10000波形以上、4096000トレンド)
アナログ入力仕様 DC0-5V、DC±5V、4-20mAからスイッチによる選択
その他機能 SDカードライター本体内蔵、FFTアナライザー、LAN端子

お問い合わせ

愛知機械テクノシステム株式会社 〒456-0055 愛知県名古屋市熱田区南一番町1番10号 TEL: 052-661-1011 FAX: 052-661-1012
  • ページ先頭へ