AGV無線統合制御システム(遠隔操作)

全世界の無人搬送技術の一翼を担う

HOME > AGV無線統合制御システム(遠隔操作)

AGV無線統合制御システム(遠隔操作)

統合制御システムは、無線を使ってAGVの運行管理、監視を地上側のモニタ盤で制御する仕組みです。

統合制御システムの用途

運行管理

  1. 1.行先指示(走行ルート指示)
  2. 2.交差点、合流制御
  3. 3.停止ステーションへの進入制御
  4. 4.運用タクトの変更
  5. 5.条件付発進(台車位置情報により発進等)
  6. 6.要求ルートへの進入(台車位置情報によりルート指示)

監視

  1. 1.AGVの現在位置把握(タッチパネルにマップ表示)
  2. 2.AGVの状態把握(走行中、障害物停止、作業中等)

システム概要

  1. ①AGV統合制御システム用PLC:AGVを統括制御するPLCです。
  2. ②NM(ネットワークマスター):PLCとAGV間で送受信するデータをPLCのデータレジスタに読書きします。
  3. ③HUB
  4. ④AM(エリアマスター):無線中継機。LMと無線通信を行います。
  5. ⑤LM(ローカルマスター):無線子機。AGV各1台搭載しています。
設置イメージ

中央制御板の表示例

搬送台車及びAGVの在籍

搬送台車及びAGVの在籍 通信ポイントの状態表示 異常履歴 通信指示履歴 AGV区間タイムアウト時間設定
  • 搬送台車及びAGVの在籍

  • 通信ポイントの状態表示

  • 異常履歴

  • 通信指示履歴

  • AGV区間タイムアウト時間設定

通信情報(地上側設備⇔AGV)

運行管理

  1. (1)起動、停止
  2. (2)リセット、運転準備ON/OFF
  3. (3)前後進切り替え
  4. (4)ピンフック上昇、下降
  5. (5)車速指示
  6. (6)プログラムデータ
  7. (7)右・左分岐
  8. (8)障害物センサー検知エリア指示
  9. (9)モード停止(ブレーキ停止、充電停止)

監視

  1. (1)プログラム情報
  2. (2)ステップ情報
  3. (3)異常コード(コード番号 ~128)
  4. (4)AGVの動作状況
  5. (5)AGV作業情報

お問い合わせ

愛知機械テクノシステム株式会社 〒456-0055 愛知県名古屋市熱田区南一番町1番10号 TEL: 052-661-1011 FAX: 052-661-1012
  • ページ先頭へ