超低速タイプ

全世界の無人搬送技術の一翼を担う

HOME > 製品紹介 > 超低速タイプ

CaryyBee

低床タイプ > 超低速タイプ

超低速走行が可能です。

・走行速度 0.1~50m/min
・組立て作業台車を牽引することで、フレキシブルな組立てラインを構築できます。
・超低速は以下のタイプで対応可能です。
Lタイプ、Mタイプ、Sタイプ

超低速タイプによる組立てライン

AGVによる組立てラインが増えています  

超低速(0.1m/分~50m/分)での走行性能を用いた組立てラインが増えています。
 
●フレキシブルなAGVライン
 ・コンベアラインのようにスペースを分断する固定物不要。
 ・コンベアがないので組立て作業は360度の方向から可能
 ・走行テープを貼り替えるだけでライン変更ができる。
 ・生産量に応じてライン長、工程数の増減が容易。
 ・組立て作業台車を変えれば、大きさが異なっても別の製品の組立てができる。
 
●超低速タイプが適している理由
  超低速ができないと作業中AGVを停止することが必要。その場合次の問題点があります。
 ・作業完了後のボタン操作でAGVを発進させるため、生産タクトが作業者まかせ。
 ・AGVが工程間を走行する間は組立作業ができないためロスタイムが発生。

 CarryBee超低速タイプはこのような問題を解決します。

CarryBee仕様

行先指定 あり(カウントアップ)
搬送重量 750kg(前進)
誘導方式 〈光学〉、〈磁気〉、〈光学・磁気併用〉
駆動方式 2WD
走行速度 0.1~50m/分
全長×全幅×全高 Lタイプの場合:1445×170×450(mm) ※350幅も対応可
最小回転半径 R700mm
連続稼働時間 8Hr(稼働率、選定バッテリーサイズによります)
性能・装備 走行機能
 ・走行速度8段階切替
行先指定機能
 ・100プログラム、256カウント、動作モード
   (直進、右折、左折、停止、速度切替、障害物センサー切替など)
   〈255通りの動作モード設定可能〉、〈交差点交通整理〉、〈通信行先設定〉
   〈リモコン発進〉
安全対策
 ・過負荷検出、エリア切替型障害物検出、障害物検出、非常停止スイッチ、
  異常発生時ブザー警告、 シグナルタワー、バンパーセンサー、メロディユニット
その他
 ・手動時駆動輪フリー機構、 〈電動ピンフック〉、〈バッテリー〉、〈充電器〉
備考 〈 〉:オプション

お問い合わせ

愛知機械テクノシステム株式会社 〒456-0055 愛知県名古屋市熱田区南一番町1番10号 TEL: 052-661-1011 FAX: 052-661-1012
  • ページ先頭へ